Q&A

良くあるご質問

こちらでは、よく寄せられるご質問にお答えしております。
ご不明な点がございましたらご遠慮なく、
お電話(tel:03-5812-5301)、もしくはメールにてお問い合わせください。

Q1 心療内科とはどういう科ですか?

A. 患者様の「こころ」の悩みに対して、精神面と身体面の両側から診療に当たり、
「こころ」と「からだ」の複合的治療を行う「心身医学」を専門とした診療科のことを指します。
精神科が、いわゆる「精神病」を中心に取り扱うのに対して、
心療内科では、もっと一般的な、「こころ」に関するあらゆる悩みを対象としています。

Q2 どんな症状のとき受診すればよいのでしょうか?

A. 「こころ」に関して、少しでも悩みや違和感があるときに受診してください。
どんなに些細な事でも構いません。あなたの悩みを私たちに聞かせてください。
手に突き刺さった「とげ」は、すぐになら、簡単に抜くことができます。
しかし、そのままにしておくと、腫れてきたり、痛みが出たりします。
あなたの「こころ」に「とげ」が刺さってしまったときに、
すぐに受診していただければ幸いです。

Q3 はじめて受診する際に予約は必要ですか?

A. 当院では、新患の患者様も随時受付しておりますが、
はじめての患者様につきましては、詳細に症状をお尋ねして、的確な診断を行うにあたり、
ある程度の診察時間が必要となりますので、完全予約制とさせていただいております。
あらかじめお電話、もしくはメールにて診察予約をお取りいただけたらと思います。
なお、混雑状況により、当日のご予約に関しては、ご希望に添えない場合もございますが、
お急ぎの場合には、まずはお電話でのご連絡をお願い申し上げます。
再診の患者様の場合、基本的には診察予約は不要ですが、お急ぎの場合には、
事前にご予約をしていただきますことをお勧めいたします。

Q4 はじめて受診する際に必要なものはありますか?

A. 健康保険証をご持参ください。
各種公費負担制度(自立支援医療や生活保護制度など)もご利用になれますので、
その場合は、医療券も併せてご提示ください。
また、ほかにお薬を内服されている場合には、お薬手帳などの
これまでの処方内容がわかるものをお持ちいただけたら幸いです。
健康保険証をお忘れの場合でも、医療費は全額自己負担となりますが、受診は可能です。
(後日、健康保険証をご持参いただけましたら、差額分をご返金いたします。)

Q5 はじめて受診する際の流れはどのようになりますか?

A. まず、初診票(こちらからダウンロード可能)に現在の症状などを記載していただきます。
(あらかじめ上記よりダウンロードし、記載してお持ちいただければ、お時間を節約できます。)
i Pad を用いた選択式の問診システムもご利用いただけます。
お悩みの内容によっては、引き続き、簡易的な心理検査をしていただく場合がございます。
その後、医師の診察を行います。初診の場合、診察時間は30分程度です。
最初の診察においては、現在のお悩みに関して詳細に聴取いたします。
その際に、診断と治療方針、治療にかかる期間などを、わかる範囲でお伝えいたします。
全身状態の確認が必要な場合、診察後に採血などの検査を行います。
最後に、お会計をしていただきます。

Q6 はじめて受診する場合、どれくらいの時間がかかりますか?

A. あらかじめ診察予約をしていただいた場合、混雑状況にもよりますが、
トータルでかかる時間は、目安として1時間前後とお考えいただけたらと思います。
ただし、お悩みの内容によっては、診察時間が延長する場合もございますので、
多少のお時間の余裕を見ていただいたほうがよろしいかと思います。
お時間に関しては、なるべくご希望に添えるように配慮いたしますので、
どうかご遠慮なさらずにお申し付けください。

Q7 通院はどれくらいの頻度で行う必要がありますか?

A. 症状や程度にもよりますが、一般的には1~2週間に一度とお考えください。
はじめてお薬が処方される場合には、細かく経過を追う必要がございますので、
患者様の安全性を考慮し、1週間に一度の通院をお願いする場合がございます。
通院の頻度に関しては、ご都合にあわせて柔軟にご対応いたしますので、
診療の中でご相談いただければと思います。

Q8 どれくらいの期間、通院が必要ですか?

A. 通院期間は、疾患の種類や症状、発症してからの期間などによって大きく異なり、
治療に対する効果も、体質などによって個人差が激しく、一概には言えないのが事実です。
メンタルに関わる疾患の場合、カゼや腹痛のように、1~2回の通院で治癒することは少なく、
数ヶ月単位の治療期間を要することは、決して稀なことではございませんが、
当院では、なるべく早く通院期間が終了するように常に配慮しております。
具体的な通院期間に関して、誤解を恐れずにあえて記載させていただくとすれば、
睡眠障害の場合 1~2ヶ月、ストレス関連疾患や不安障害の場合 2~3か月、気分障害の場合 3~6か月
というのが当院におけるひとつの目安であり、患者様と共有する目標でもあります。
もちろん、上記よりも早く通院期間が終了する場合もございますし、
それ以上の期間が必要になったとしても、治療の結果には一切影響を及ぼしません。
また、生活習慣病と同じく、長期に渡る定期的な通院が必要な疾患もございます。
いずれにせよ、通院期間の目安と目標は、初診時に詳細にご説明いたします。

Q9 メンタル疾患はクスリを飲まないと治りませんか?

A. そんなことはありません。
当院では、患者様をなるべく短期間のうちに治癒に導き、再発を防ぐために、
患者様の生活背景にあり、心的な影響をもたらしているストレスや環境などに関しても配慮し、
一時的なお薬の効果のみに頼ることのない、本質的な治療をご提案しております。
多くのストレス関連疾患などでは、原因はストレスそのものにありますので、
患者様の感じているストレスの内容を分析し、その中における患者様自身の在り方を考える
精神療法やカウンセリングなどは、非常に有効な治療法となります。
また、不安障害や、うつ などの気分障害の発症には、患者様周囲の環境と、
それに対する複雑な心理的要素が関連しており、それを紐解き、適切な環境改善を図ることは、
治療において必須であり、それだけで顕著に症状が改善してくる場合もあります。
最も大切なことは、疾患に対して正確な診断を行い、それに対する適切な治療を行うことです。
そして、治療法はあくまで手段であり、目的は患者様の治癒、ただひとつのはずです。
そのため、病状や苦痛の程度によっては、一時的なお薬の使用をご提案する場合がございます。
疾患の種類によっては、お薬を使わなければ治療が困難な場合もあります。
当院では、治療方針に関して、診察の中で患者様に詳細にご説明し、
お薬が必要とされる場合でも、その目的と投薬の予定期間を明確にお伝えいたします。
もちろん、患者様がお薬の使用に抵抗がおありの場合や、妊娠中などの場合には、
お薬を一切使わない治療法もご提案いたしますので、遠慮なくご相談ください。

Q10 精神療法とはなんですか?

A. お薬を用いて身体的側面から治療を行う薬物療法とは対照的に、
精神療法とは、精神的・心理的側面から行う、対話形式の治療法のことを指します。
心理療法と言われる場合もあります。
診察やカウンセリングの中において、医師やカウンセラーが、心理的手段を用いて
患者様の心身に働きかけることによって治療を行います。
認知行動療法や、精神分析療法、自律訓練法、臨床作動法など、様々な方法がありますが、
当院では、「これから精神療法をはじめます」といった定型的な方式ではなく、
診察中の会話の中で行います。患者様は私たちと話をしているだけでかまいません。
私たちはその中で、数多くの心的要素を診断・分析・考察しながら、
治療上有効な、患者様自身の考え方や、意識、行動に関する具体的なご提案をいたします。
そのような患者様とのやりとりが、精神療法そのものなのです。
メンタル疾患は、ほとんどの場合、患者様の身体も脳の機能も異常はないのに、
思考や感情といった「こころ」が、以前の自分から脱線した状態にあると考えられます。
そのような脱線状態を、もとに戻すように誘導するのが、精神療法の最大の目的です。
お薬を使用した薬物療法は、あくまで身体に対してのみ働き掛けるものですので
身体に異常がないメンタル疾患においては、精神療法のような人的なケアが必須となります。
当院では、なるべく患者様の負担を減らし、お薬に頼らず短期間で治癒していただくために、
一般診察の中においても、精神療法に特に重点を置いております。

Q11 カウンセリングとはなんですか?

A. 一般的な診察が、医師が行う総合的な医療行為であるのに対して、
カウンセリングとは、精神療法を主体とした、対話形式の診療となります。
行う精神療法の内容は、Q10をご参照ください。
カウンセリングを行っている心療内科は多数存在し、その目的や形式も多種多様ですが、
当院におけるカウンセリングでは、ただ単に患者様の話に傾聴するのみではなく、
一般診察とは異なる視点による、専門的な心理学的分析を行ったうえで、
深層心理に向けて、さまざまな方法で積極的なアプローチを行うことにより、
患者様の考えや行動の変化を促すことを目的とした、より高度な内容の精神療法を実施します。
カウンセリングという診療に、現在のところ保険適応はなく自費診療となります。
患者様から診療費を頂戴している以上、症状の改善が求められるのは当然です。
私たちは、患者様を治すという明確な目的のもとで、カウンセリングを行わせていただきます。
なお、カウンセリングは完全予約制とさせていただいておりますので、
ご希望の場合には、大変お手数ですが、事前にご予約をお願い申し上げます。

Q12 プライバシーは保護されますか?

A. 当院では、個人情報保護法に基づき、患者様の個人情報は厳重に管理し、
業務上知り得た情報は、診療行為以外に用いることは決してございません。
診療に用いるパソコン、及び電子カルテなどのソフトウェアも、
インターネットからは遮断され、厳格なセキュリティ下で運用しております。
また、心療内科の入口、待合室ともに、他科とは完全に遮断された専用のものとなり、
院内設備や照明配光に関しても、プライバシーに十分に配慮した設計としており、
他の患者様に気兼ねなく、リラックスした環境下で受診していただけると思います。
(間接照明により、他の患者様の顔は見づらいですが、十分に本が読める明るさです。)
なお、ご希望の場合には、患者様のお名前をお呼びせずに、
番号札でのお呼び出しも可能ですので、受診時に受付にお申し付けください。
ご予約の場合に限り、個室の待合室のご用意や、裏口からの入退室などの
ご相談に応じることも可能ですので、あらかじめお伝えいただけたらと思います。
プライバシー上の観点から健康保険の利用を希望されない場合でも、
受診は可能ですのでご相談ください。(その場合、医療費は全額自己負担となります。)

Q13 予約はどのように行えばよいですか? また、予約可能時間は何時から何時までですか?

A. 診察のご予約は、お電話もしくはメールにて承ります。
心療内科を受診希望とお伝えいただければスタッフがご対応いたします。
予約可能時間は、平日は、午前10時~午後1時と午後5時~午後8時、
土曜日は、午前10時~午後12時30分と午後3時~午後5時、となります。
お急ぎの場合や、当日のご予約のご希望は、お電話にてお願い申し上げます。
なお、予約枠には限りがございますので、混雑状況によっては当日のご予約はお受けできず、
来院順のご案内となる場合がございますことを、あらかじめご了承ください。
特に、新患の患者様の予約枠は別枠、別時間帯となり、限りがございますので、
なるべくお早めにお申し付けいただけましたら幸いです。

Q14 支払にクレジットカードは使えますか?

A. 診療費のお支払には、
各種クレジットカード・銀行キャッシュカードによるデビット決済・銀聯カード
がご利用いただけますので、お声かけください。

Q15 クリニックへのアクセスはどうしたらよいですか?

A. アクセスに関しては、こちらに詳細に記載してありますので、是非ご覧ください。
ご不明な点がおありの場合は、途中からお電話いただけましたら、
詳しくご説明させていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。