Our Treatments

治療について

こちらでは、当院におけるメンタル関連疾患に対する考え方と、
具体的な治療方針について記載しております。
Q&Aも参照していただけたらと思います。
すべての方に当てはまる訳ではない、きわめて一般的なお話ですが、
ここには医者が患者様に出来ればお伝えしたくない内容まで記載してあります。
ただし、患者様がこちらをお読みになって、
ご自身の主治医の治療方針を批判するのは止めてください。
治療法というのは医者の数だけあってよいはずですし、
それよりも大切なのは、患者様の疾患が改善しているかどうかです。
「病気を治したい」と本当に思っている方の助けになれば幸いです。

  • ●ストレス関連疾患
  • ◆適応障害(ストレスによる不眠、うつ、不安、興奮などの精神的不調)
  • ◆身体表現性障害(ストレスによる胃痛、下痢、動悸、過呼吸などの身体症状)
  • ●睡眠障害
  • ◆不眠(ストレスやメンタル疾患に伴うもの) ◆昼夜逆転・昼間の眠気
  • ●気分障害
  • ◆うつ状態(悲観的思考や意欲減退、食欲不振や不眠)
  • ◆躁状態(爽快気分による過活動、対人関係の悪化や浪費行動)
  • ◆躁うつ病(うつ状態と躁状態を繰り返す)
  • ◆常時続くイライラ(キレやすく、人に当たり、感情の起伏が激しい)
  • ●不安障害
  • ◆急性ストレス障害・PTSD(トラウマ体験後の精神不調)
  • ◆パニック障害(密室・広場恐怖による自律神経失調と回避行動)
  • ◆対人恐怖・社交不安障害(仕事や人との関わりに対する不安や恐怖)
  • ◆全般性不安障害(対象のない持続的な不安)
  • ◆強迫性障害(不潔恐怖や確認行為などの、無意味で、かつ本人も不快なこだわり)
  • ●症状精神病
  • ◆一般身体疾患によるメンタル不調(内臓の病気やホルモン異常など)
  • ◆周産期・生理周期におけるメンタル不調  ◆脳の疾患や怪我・手術などの後遺症
  • ●パーソナリティ障害 (極端な考えや行為による周囲との不和)
  • ●摂食障害
  • ◆拒食症や過食症(過度な痩せたい願望や、極度の食欲不振、食べては吐くを繰り返す)
  • ◆摂食障害に伴う身体合併症(激痩せや栄養失調など)
  • ●解離性障害 (ヒステリーとも呼ばれる自己同一性の欠如)
  • ●統合失調症 (幻覚や妄想を伴う、感覚や思考の障害)
  • ●依存症
  • ◆アルコール依存症(物質依存・身体依存) ◆ギャンブル依存(精神依存)
  • ●認知症 (物盗られ妄想や夜間の錯乱などによる、周囲との不和)
  • ●性同一性障害 (自らの身体的な性別に対する違和感)
  • ●発達障害
  • ◆自閉症・アスペルガー症候群(注意や興味の狭窄、対人関係不和や意思伝達不良)
  • ◆学習障害(一部の領域における知的能力の低下)
  • ◆注意欠陥・多動性障害(幼少期からの過活動や集中力・注意力の低下)